MENU

5分でわかる!ビフィズス菌と胃酸との関係性

 

 

近年、「生きたまま腸に届くビフィズス菌」というものが話題になっています。

 

一方で、腸に届く前に死滅してしまうビフィズス菌があるのか?という点が気になりますよね。

 

 

実際のところ、ビフィズス菌は胃酸に弱いのか?

 

生きたままのビフィズス菌とは何が違うのか?

 

 

その二つの観点から、ビフィズス菌と胃酸との関係性について解説していきましょう。

 

 

ビフィズス菌は胃酸に強いのか?弱いのか?

 

本来、ビフィズス菌は人の腸内に棲息しているものです。

 

しかし、外部からビフィズス菌を取り入れようとする場合、ビフィズス菌の種類によっては胃酸によって死滅してしまうものも。

 

 

いくら腸内に棲息しているビフィズス菌と言えども、胃酸との相性が良いかどうかは別ということですね。

 

もちろん、中には胃酸で死滅することなく腸へと届くビフィズス菌もあります。

 

 

ビフィズス菌には高い整腸作用がある上、悪玉菌の増殖を抑制してくれる効果も期待できます。

 

どうせビフィズス菌を摂取するのであれば、より高い効果を発揮してもらうためにも、生きたまま腸に届くタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

 

また、ビフィズス菌に限らず、乳酸菌の中にも腸へ到達する前に死滅してしまうタイプの菌があります。

 

ビフィズス菌と乳酸菌は、同時に摂取することでお互いの効果を高める相乗効果も狙えるもの。

 

どうせならば、耐酸性に優れた乳酸菌を一緒に摂取し、腸内環境を快適なものへと導きたいものですね。

 

 

胃酸によってビフィズス菌の効果が失われることはある?

 

結論から言うと、腸に届く前に死滅してしまったビフィズス菌よりも、生きたまま腸に届くビフィズス菌のほうが効果はあります。

 

死滅してしまったビフィズス菌はそのまま体外へ短時間で排出されることが多くですが、生きたまま腸へと届くビフィズス菌は長時間、腸に滞在してくれます。

 

この長時間ビフィズス菌が滞在することによって、悪玉菌の抑制と、善玉菌生成のサポートを効率よく行うことができるというわけですね。

 

 

しかし、いくら長く腸内に滞在するとは言えども、永久的にビフィズス菌が腸内に留まるわけではありません。

 

腸内環境を快適なまま維持するためには、やはり毎日のようにビフィズス菌を摂取していく必要があります。

 

 

生きたままのビフィズス菌を腸へ届けよう!

 

どうせ摂取するのであれば、生きたまま腸に届くビフィズス菌を選ぶようにしましょう。

 

生きたまま腸に届くタイプのビフィズス菌は、乳酸菌飲料などにも含まれていますが、毎日摂取するとなるとどうしても糖分の過剰摂取が気になるものです。

 

 

たとえば、乳酸菌革命のように手軽に摂取できるサプリメントタイプのものがおすすめ!

 

乳酸菌革命なら、カプセルによるコーティング効果もあるので胃酸から守り、生きたままのビフィズス菌を腸へと届けることができます。

 

 

また、ビフィズス菌だけでなく人間の身体に必要な乳酸菌を多く配合しているため、これ一つで有効な乳酸菌を一度に摂取できるのが嬉しいところ。

 

サプリメントタイプなら、毎日手軽に続けることができるので負担にもなりません。

 

 

ビフィズス菌や乳酸菌は、継続して摂取することにより高い効果を発揮できるものです。

 

快適な腸内環境を維持するためにも、乳酸菌革命のようなサプリメントタイプのものを使い、上手に摂取していきましょう。

 

 

胃酸に弱いビフィズス菌もあれば、生きたまま腸へと届くタイプのビフィズス菌もあります。

 

せっかく摂取するのであれば、生きたまま腸に届くビフィズス菌を選びたいものですよね。

 

 

乳酸菌革命ならビフィズス菌だけでなく、一度に数多くの乳酸菌をも摂取できるので効率的です。

 

気になる方はぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

 

⇒乳酸菌革命の公式サイトはこちらから


このページの先頭へ