MENU

3大乳酸菌がもたらすそれぞれの効果を徹底分析!

 

 

近年、健康や美容に良いとして乳酸菌が注目さてています。

 

しかし、大まかに乳酸菌といっても実はいくつか種類があり、その乳酸菌の種類によってもたらされる効果は異なるもの。

 

 

どうせ乳酸菌を摂取するのであれば、自分の身体に合った効果のものを選びたいものですよね。

 

今回は3大乳酸菌と呼ばれるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌それぞれがどのような効果を与えてくれるのか、解説していきたいと思います。

 

 

便秘や下痢の解消に効果的!整腸作用が強いビフィズス菌

 

3大乳酸菌の中でもよく耳にするのが、このビフィズス菌ではないでしょうか?

 

名前ばかりが一人歩きし、実際のところどんな効果があるのかイマイチよくわからないという方も中にはいることでしょう。

 

 

このビフィズス菌の主な作用は、腸内で悪さをする悪玉菌の増殖を抑制してくれること!

 

腸内で悪玉菌が増殖してしまうと、腸内環境が悪くなるばかりか便秘や下痢などといった不調にも繋がります。

 

 

他の乳酸菌を摂取していくら善玉菌を増やしても、この悪玉菌の増殖を抑えないことには腸内環境を快適なものへと導くことができません。

 

乳酸菌の中には腸に届く前に、胃酸によって死滅してしまうものもあります。

 

 

しかし、このビフィズス菌はそもそも人の腸内に棲息している菌。

 

胃酸にも強く、人間の腸との相性も良いことから他の乳酸菌に比べて好アピールが期待できます。

 

 

ビフィスズ菌は悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、整腸作用も高いので下痢や便秘をしがちな人にとっては強い味方になりますね!

 

元々胃腸が弱い方は、積極的に摂取していきたい成分です。

 

 

風邪やインフルエンザ予防にも!免疫力を高めるラブレ菌

 

乳酸菌は風邪やインフルエンザの予防にも役立つとして、注目を高めています。

 

実はこの、風邪やインフルエンザの予防に効果的なのがラブレ菌!

 

 

ラブレ菌には免疫力を高める作用があるため、風邪やインフルエンザなどの菌に対抗する身体づくりに効果的です。

 

また、腸バリアを高めてくれる効果も期待でき、外部からのアレルゲンの侵入を防いでくれる効果も。

 

 

花粉症の人に乳酸菌が良いとされているのは、このラブレ菌の働きが高評価を受けているからこそです。

 

腸内環境を整えるだけでなく、腸バリアを高めることによってアレルギー症状を引き起こす花粉を体内に取り込まないようにしてくれるというわけですね。

 

 

風邪などのウイルスに負けない身体づくりにはもちろんのこと、花粉症や鼻炎などのアレルギー対策としても活躍してくれます。

 

花粉症の時期になってからでは遅いので、アレルギー症状を緩和させるためには花粉シーズンの前からラブレ菌を摂取するように心がけましょう。

 

 

ストレスに負けない身体づくりにも!善玉菌を増やすガセリ菌

 

ビフィズス菌が悪玉菌の増殖を抑えるものならば、ガセリ菌は善玉菌の生成をサポートする菌です。

 

つまり、腸内環境を快適なものへと導くのに欠かせない菌であると言えます。

 

 

このガセリ菌もまた耐酸性に優れており、生きたまま腸に届くことができます。

 

さらに、他の乳酸菌に比べて腸内に滞在する時間も長いため、じわじわと善玉菌を増やし、腸内環境を快適なものへと導きます。

 

 

ガセリ菌は、何かとストレスを感じやすい現代人にとってもおすすめの成分。

 

「ストレスを感じるとお腹にくる」というタイプの人も多いのではないでしょうか?

 

 

これは、脳がストレスを感じることによって自律神経が乱れ、腸内環境を狂わせてしまうから。

 

ストレスに負けない身体をつくるためにも、ガセリ菌を摂取して善玉菌の生成を促していきましょう。

 

 

3大乳酸菌はそれぞれ違った効果を持っているので、自分の得たい効果に合わせて乳酸菌を摂取していくのがおすすめです。

 

ですが、ガセリ菌やビフィズス菌のように同時摂取することで相乗効果を得ることができる乳酸菌もあります。

 

一度に多くの乳酸菌を取ることは、健康や美容にも効果的!

 

 

3大乳酸菌を日常から取り入れていきたいという方には、乳酸菌革命というサプリメントがおすすめです。

 

これ一つで手軽に身体に必要な乳酸菌を摂取することができるので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

⇒乳酸菌革命の公式サイトはこちらから


このページの先頭へ